池袋の医学部予備校ランキング【最新版】

この記事を書いた人 『Dr.フクロウ』
法政大学高等学校に在学中、池袋の医学部予備校に通い医学部を受験。そして合格。その後、医師免許を取得。現在は『Dr.フクロウ』を名乗り、医学部受験生を応援するために情報を発信中。

医学部予備校のデメリット・メリット

医学部を目指すなら、必ず行くべきだとされている医学部専門予備校。医学部予備校に行くことのメリットを知れば、「なるほど、それなら行った方がいい」と思えるでしょう。

医学部予備校のデメリット

メリットの前に、医学部予備校に通うデメリットについて少し触れてみます。

  • 学費が一般の大手予備校と比べると高額である
  • 予備校ごとに講師やカリキュラムの質に差があるため選択が難しい
  • 医学部を目指す優秀な生徒ばかりが集まるので自信を失う可能性がある

医学部予備校に通うデメリットは、さほど多くはありません。学費が一番のネックとされますが、これがクリアできれば他は高い意識を持つことでデメリットと感じることはないでしょう。

医学部予備校のメリット

続いて、医学部専門の予備校へと通うメリットを紹介します。デメリットと比べれば、メリットの方がはるかに多いのです。

  • 少人数制や個別指導を取り入れている予備校が多いので、丁寧できめ細やかな指導が受けられる
  • 受験生個人に特化したオリジナルのカリキュラムを組んでくれる医学部予備校が多い
  • 医学部受験に特化しているため、講師やカリキュラムの質が総じて高い
  • 受験対策や勉強以外の精神面のサポートや生活面に関するアドバイスも受けられる
  • 講師との距離が近いので個別の質問などがしやすく、授業においていかれるリスクがない
  • 医学部を目指す生徒たちに囲まれるため、ライバルと切磋琢磨しながら学力を磨いていくことができる
  • 医学部受験に必要な最新の情報や個別の大学の情報などを収集しやすい
  • 受験勉強に集中できる寮や自習室などが用意されており、常に最高の学習環境で学ぶことができる

これらは、医学部予備校に通うことで必ず感じられるメリットです。明らかに一般の大手予備校とは違うことがわかるでしょう。

Dr.フクロウ

医学部予備校には受験に成功するための環境が整ってるのだフク!

池袋の医学部予備校ランキング

画像引用元:https://medicalforest.com/ikebukuro/

池袋にある医学部予備校を紹介します。いずれも医学部受験に特化した予備校です。

第1位『メディカルフォレスト』

  • 浪人生を対象とした「本科生コース」のほか、中学生や現役生のための「中高生コース」も用意
  • 生徒一人ひとりの能力や目標に合わせたオーダーメイドカリキュラムを作成
  • 少人数のゼミや個別指導で質の高い授業が受けられる
  • 落ち着いた空間と最新設備によって勉強に集中できる環境が整えられている
  • メンタルケアや交流なども兼ね、適度にお食事会やお茶会などのイベントを実施

第2位『メディカル ラボ』

  • 全科目でマンツーマンの授業を取り入れ、効率的で無駄のない学習が可能
  • 生徒の立場や環境などによって勉強法を組み替え、確実に医学部合格へと導く
  • 現役の医大生による質問専任チューター制度を導入
  • 年々医学部合格者が増加し、業界トップクラスの合格実績を持つ

第3位『池袋理数セミナー』

  • 中高生、高1、高2、高3、高卒生と、それぞれの立場に合ったコースを用意
  • 理解、実践、継続を繰り返すことで、医学部受験に必要な学力の定着を目指す
  • 保護者とも密なコミュニケーションを取り、学習以外の面でも徹底サポート

Dr.フクロウ

ランキング通り池袋で一番おすすめな医学部予備校は「メディカルフォレスト」だフク!2位と3位の予備校も素晴らしいけど、やはりここでは紹介しきれないほど魅力やメリットに溢れてるフク。

池袋医学部予備校ランキングまとめ

  • 医学部予備校には学費が高額などのデメリットもあるが、メリットの方がはるかに多い
  • 医学部予備校に通うことで最高の環境が手に入れられ、医学部受験に必要な最新情報も獲得可能
  • 医学部受験に特化した指導やカリキュラムは医学部専門予備校でしか受けることができない
  • 池袋にも多数の合格実績を持つ医学部専門の予備校が複数存在